ごあいさつ

金納興業株式会社は、金納伊之助によって大正13年6月に焼き麩製造を目的として創業いたしました。その後、昭和36年12月に法人改組し金納興業株式会社となり、現在まで長年の業歴を有する老舗企業となりました。現在では、畜産用飼料、肥料、鶏卵や食品等の販売、養鶏場やガソリンスタンドの経営など多岐にわたる事業を運営するとともに、当社を筆頭として関係会社数社で「キンケイグループ」を形成しており、強固なグループ力を軸に事業を展開しております。

会社概要

名称金納興業株式会社  KANNO KOGYO CO., LTD.
創業大正13年6月(1924年)
設立昭和36年12月26日(1961年)
資本金96,000千円
売上高120億円
代表者代表取締役会長 金納 秀司
代表取締役社長 金納 通有
従業員数約150名
事業内容畜産用飼料、肥料、鶏卵や食品等の販売、養鶏場やガソリンスタンドの経営など

社訓

一、私たちは常にお客様第一と心得、礼節を重んじ、お得意様から信用をうることを第一と心得ます。

一、私たちは常に融和協調に努め、いつも明るい職場作りに努めます。

一、私たちは常に細心の注意をもって業務にあたり、あらゆる事故と災害の防止に努めます。

一、私たちは業務の研鑽に励み、冗費の節約に努めます。

一、私たちは常に会社の繁栄とともに豊かな生活があることを認識し、愛社心を持ち仕事を通して社会に貢献することを誓います。

金納興業株式会社 代表取締役会長 金納 秀司
代表取締役社長 金納 通有


沿革

大正13年金納伊之助が焼麩の製造販売を開始
昭和22年金納秀司が畳表製造業を開始
昭和25年農家が畳表を製造するようになり、岡山県早島機械特約販売を開始
昭和26年蒲池保育園建設のため、職機を売却し保育園の資金に充当
昭和27年焼麩業を再開
昭和30年焼き麩の原料である小麦粉等の販売を開始
昭和34年畜産用飼料等の販売を開始
昭和36年金納興業株式会社を設立、資本金150万円、社長は金納秀司
昭和54年筑後営業所を開設
鶏卵GPセンターを開設し、鶏卵の販売を開始
昭和61年貿易部を開設し、飼料等の輸入を開始
金納産業を設立
昭和61年中国において住友商事を通して畳表の生産輸入を10年間行う
昭和63年南九州営業所を開設
平成7年金鶏農場を設立し、養鶏場の運営を開始
平成10年鶏卵部GPセンターを移転
貿易部を分離し、ヤスカネ・ジャパンを設立 キンケイポートリー(養鶏場)を設立
平成12年燃料部を開設を開設し、ガソリンスタンド等の運営を開始
平成17年飼料部を立石に移転、資本金を7200万円に増資
平成18年資本金を9600万円に増資
平成19年筑後営業所を移転
博多営業所を開設
肥後鶏卵(GPセンター)を設立
平成20年金納秀司が代表取締役会長に就任
金納通有が代表取締役社長に就任
平成21年よもぎ園(養鶏場)を開設
平成22年金鶏農場の川南農場を開設
平成23年博多営業所を移転
金納興業株式会社、創立50周年
平成24年キンケイ島原(養鶏場)を設立
平成25年日田営業所を開設
平成26年愛鶏園(GPセンター)、丸山農場、三つ紅商事の運営を開始
平成29年愛鶏園の長崎営業所を開設